子育て

7歳長男、眼鏡が必要になり、子供の為の眼鏡を作る、オグラ眼鏡で購入した話。

こんにちは、リリハハです。
実は、長男の視力が悪いことが判明し、やっと重い腰を上げて眼鏡を購入しました。

長男の視力が低下しているのに気が付かなかった、自分にもショックでしたけど。


近視の進みを遅くする可能性がある点眼薬は、アストロピンです。

小学校に入ると、視力検査があります。
その視力検査では、1年生の時に0.8~0.9位でした。ですが、その時に、気が付けば良かった…。

その時から、あの目薬を点眼しておけば、さらに悪化しなかったかもしれません。

その点眼薬とは、アストロピンです。

近視の子供にこのアストロピン点眼すると、近視の進みを防ぐまたは、遅くする可能性があるそうです。

このことを知ったのは、長男が小学2年生になった時です。学校で視力検査の結果が悪かった為、眼科を受診しました。

この時、アストロピン点眼薬に出会えました。

この点眼薬を推奨している眼科はたくさんあります。ですが、自由診療の為金額がバラバラです。。でも通っている眼科では、1ヶ月580円でした。本当に助かります。

学校で視力検査を信じ、あのまま眼鏡を購入するだけでは、私は知りえなかったでしょう。そして、長男の近視の進みが早くなってしまうという事も分からなかったでしょう。

そんなに気にすることもなく眼科を選んでしまうと、

視力検査→眼科→眼鏡購入

上記流れがだったのが、我が家の流れは、下記となりました。

視力検査→眼科→点眼薬→眼鏡購入

この流れで眼鏡を購入する事が出来ました。絶対に近視の進みが遅くなるとは言い切れませんが、それでも私はこの眼科で、長男にアストロピン点眼薬をしつつ、眼鏡も併用の道を選びました。


眼鏡選びは、子供が眼鏡に合わせるのではなく、眼鏡が子供に合わせて購入するべきです。

この眼科の先生に言われたのは、きちんと調整してくれる眼鏡店で購入してくださいと言われました。。。

え?調整とは?

調整をきちんとしていないお店で購入すると、その眼鏡に子供が合わせてしまうという事なのです。

本来、その子供に眼鏡を合わせるのが正しいそうです。ですが、この調整がされてないと、逆の事が起きます。

子供なので見えずらい眼鏡でも、その眼鏡に子供が合わせてしまうのです。

驚愕。

先生は、私が今までどこで眼鏡を購入したことがあるかと質問がありました。

「JINSやZoff」と即答した私です。

ここ10年くらいは、JINSやZoffでお世話になっていました。

先生曰く、親御さんが購入するのは、良いです。でも子供には、あまりお勧めできないとお話がありました。

確かに、JINSやZoffで購入してもフィッティングに時間を掛けられたことがありません。

私が若いころに購入していた眼鏡店は、フィッテングにこそ時間をかけていました。

先日私がZoffで購入した時は、受取に1分でした。

「大丈夫ですか?」

「はい」

以上終わりです。

因みに専用の席などではなく、普通のソファで試し掛けして終わりです。何の疑問も持ちませんでした。

このことを先生は言っているのかと思います。この流れが子供には、良くないのです。(大人もそうですけど、私の眼鏡は、値段で納得しています。決してJINSやZoffがダメとは思っておりません。)


眼科の先生にズバリお聞きしました。どこの店舗で買えば子供の為の眼鏡が買えるのか。

先生にお聞きしてみました。では、どこの眼鏡店であれば良いのか。先生曰く、「難しいですが、私が実際に見て、良かったと思える眼鏡店は」と教えて頂きました。

・イワキ眼鏡
・オグラ眼鏡
・めがねドラック
・個人店舗の眼鏡店
・眼鏡市場(JINSや Zoffと違うの?)

眼科の先生が調整をきちんとしてくれる店舗だと教えてくれました。

ただでさえ忙しい共働きの我が家で全店舗見に行くのは、憂鬱でした。でも、色々調べると学ぶこともありました。


治療用眼鏡であれば、子供には眼鏡購入代金の補助が出ます。

弱視の場合で眼鏡を作ると40,000円位までであれば7割・8割の補助がある、という事が分かりました。

◎治療用眼鏡の作成費用の7割または8割が支給される

「療養費」の対象となる治療用眼鏡の給付額には上限額があり38,461円です。眼鏡の作成費用が上限額を超えた場合であっても、年齢により上限額の7割または8割相当額の支給されます。下記場合のみ。

・弱視
・斜視
・先天性白内障術後の屈折矯正

眼鏡でこんなに補助があることを初めて知りました。我が家は、ただの近視なので補助対象ではありません。

それでも、子供が眼鏡に合わせることのない、眼鏡が子供に合わせる眼鏡を購入しなければなりません。


子供の眼鏡購入金額は、12,000円~40,000円位の幅がありました。

最終的に、全ショップを見て料金幅がかなりある事が分かりました。値段が12,000円~40,000円位までありました。

私は、このかかりつけ医の眼科の先生に会えたのも良かったです。実は、小児科→皮膚科→眼科と先生をご紹介していただきました。

小児科の先生には、偶然会えましたが、その後は小児科の先生から皮膚科を教えてもらい、皮膚科の先生から眼科の先生を教えて頂きました。

そして、この眼科の先生のおっしゃっている事が、当初意味が分からなかったのですが、店舗巡りをして納得できました。

調整のしっかりとしている店舗程、値段にも比例していると思いました。

面白いことに、本当に買うつもりで店舗でフレームを探していたのですが、処方箋を見せなかっただけで、態度が180度変わった店もありました(笑)

この客は買う気ないな…ネットで安く買うとでも思っているのでしょうかね(笑)

また、子供の眼鏡なので利益が低いとみられているのか、種類が少ないから…。とお話された店舗もありました。

そして、だいたいが当日~3日でご用意が出来ますとお話がありました。

買う側としても勉強になりました。


長男の為になる眼鏡は、処方箋が無いと買えない、オグラ眼鏡しかないと思った瞬間。

その中で、我が家が選んだ眼鏡店舗は

オグラ眼鏡です。

そして、値段も一番高いです。(笑)

ですが、このオグラ眼鏡だけが、子供用の眼鏡を購入するには、眼科の処方箋が無いと買えないとお話がありました。

子供の視力検査は、とても難しいそうです。

仮性近視って言葉ご存知ですか?視力検査のやり方によって、見えたり見えなかったりすることが子供には、多々あるそうです。

学校の視力検査では、検査が正確でない場合がある為、時間をかけないと正確な視力検査ができないそうです!!

オグラ眼鏡では、子供の正確な視力検査ができない為、処方箋が無いと販売しないと説明がありました。

このようにお話があったのは、このオグラ眼鏡さんだけでした。


未就学児が来店し、眼鏡の調整をして10分で店舗を去ったのを見て感じた事。

なるほどなぁ…と思いました。そして、この店舗だけが、立派なお店にもかかわらず、未就学児が来店し、眼鏡の調整をしていたのです。

他の店舗では、たまたまかもしれませんが1回も子供と会いませんでした。子供の眼鏡を作成する機会が、基本的に少ないのだと思います。

そして私が、このオグラ眼鏡で作成しようと思った瞬間です。

この調整しに来た女の子は、4歳くらいだったと思います。鼻の部分が少し曲がっていた為、きちんと調整しなくてはならなかったのだとこっそりと聞いてしまいました。

買って終りの店舗ではなく、買ってからも調整の行ける店舗なのだと思いました。

他の眼鏡店も調整して頂けると思いますが、オグラ眼鏡の方が圧倒的に子供の眼鏡の扱いに慣れていると思います。

そして、このオグラ眼鏡の従業員の方が、最後に一言発した言葉を私は聞き逃さなかったです。

未就学児の親子に、店員さんは「駐車券はありませんか?」と言っていました。その瞬間以前のやり取りを私は思い出しました。

その親子は、電車または徒歩で来店されたと推測できます。調整だけでも、駐車券を発行しますとこのオグラ眼鏡の従業員の方は言ってくれているのです。

私は以前、眼鏡を購入し、取りに行ったとき駐車券の事を話すと、冷たくされたのを覚えています。(笑)

「駐車券は、購入した時のみしか発行できません」

出来上がった眼鏡を取りに行く時、駐車場の料金を断られたのに、オグラ眼鏡では、調整でも、そのような声を掛けていただけるのです。店員さんの気配りが行き届いていると感じました。


私は、かかりつけ医のような店舗で長男の眼鏡を購入したいと思います。

この親子は、この店舗にとって、お得意様なのかもしれません。ですが、我が家もできればかかりつけ医のような眼鏡店舗で長男の眼鏡を購入したい思いました。

そして、たまたまかもしれませんが、オグラ眼鏡だけが子供が来店していました。私は、自分の子供の眼鏡をいい加減な店舗では購入したくありません。

信用のおける先生からご紹介された、信用のある店舗で購入したいのです。

年齢がまだ低いうちこそ、しっかりとした店舗をお勧めします。

そして、オグラ眼鏡では、眼鏡を作成するのに10日程かかります。すぐに欲しい眼鏡よりも、長男に合った眼鏡を私は購入できて満足しています。

そしてなにより、長男本人がオグラ眼鏡のフレームを気に入っていました。

私は、買うと決めた時は、商品も重要ですが、人となりも重要だと思っています。長いお付き合いになるかもしれないからです。

長くなってしまったので、また、眼鏡を使用後の付け心地などをUPしたいと思います。

そして最後に万が一壊してしまっても、我が家は2重の保険があります。

1つ目は、オグラ眼鏡で無料で補償してくれる事。そして2つ目は、眼鏡は携行品損害保険の対象なので、3,000円負担すれば、治してもらえます。3回壊すような事があれば、そこはもう新しいの買います。(笑)

子供の眼鏡を購入される、ご両親の参考になりますように。

リリハハでした。


関連コンテンツ①

-子育て