管理人について

0歳児・5歳児の母をしておりますリリハハと申します。

尊敬できる夫の元、のんびりと暮らしてはいるのですが、

なんせ、せっかちな性格・自己中な為、日々忙しくバタバタとしています。

保険好き、保育園について、子育て、一人でも多くの方の参考になればと思います。

長男の保育園で、とても苦労しました。

ですので、次男の認可保育園を目指して語ることが多いです。

親年齢6年目です。

どうぞよろしくお願いいたします。

リリハハ

リリハハの過去から今現在について

1:学生時代

学生の頃は、部活オンリーの生活になり、本当に嫌気がさすくらい自由無しの生活。

短大時代は、初めて自由というものを知ったが、高卒で就職は厳しい現実を知る。

短大は、就職の為に行くと決める。無事第一希望の銀行に内定もらう。

2:社会人時代(銀行時代)

銀行に内定もらうも、朝は8時から夜は8時までの働きめの人生。

残業代も貰えず、上場企業でもこんなもんかと感じる。

結婚したらお辞め下さいの社風や、6年間銀行に働き、精神的にも辛く嫌気がさして辞める。

3:社会人時代(現在の会社)

結婚しても子供が出来ても辞めなくて良いのは、中小企業だと、勝手に思い込む。

無事、中小企業から内定をもらう。

リーマンショックで周りが一変に変わる。

結婚して育休貰うも、復帰は五分五分という現実を知る。

何のための転職か悩む。やはり大手を辞めて失敗か?

4:長男の保育園について悩む

早生まれの長男が無事生まれて、保活を夏ごろから始めた。

長男の保育園は、認可・認証・無認可どこもいっぱいという現実を知り、愕然とする。

電話とバスで通うも、大型マンション内にある無認可保育園を偶然見つけ、即決する。

(しかも、この時無認可保育園の席を確保する為、4カ月×2万支払う)

5:リリハハ1回目の職場復帰&長男認可保育園入園が始まる。

無事に職場復帰出来る。しかもたまたま前任者が突然辞めてしまった。

どうやら、仕事が嫌だったみたい。元の職場に歓迎されて戻れる。運が良いのか?

2人目が欲しかったが、すぐに育休貰える自信がないので、うやむやに。

長男無認可保育園に通っていた為、1歳4月で認可保育園入園出来る。

しかし公立の認可保育園は厳しく、公務員の先生と合わなくて具合が悪くなる。

そんな時、公立の認可保育園が私立に代わるということになり、喜ぶ。

6:長男公立認可保育園→私立の認可保育園へ移行

私立の認可保育園へ移行される。ママ友たちからの評判は、半々。

若い先生が嫌で、子供が変わってしまったと言い、転園する保護者が多数いた。

しかし、私は逆だった。若い先生だからこその感性や、男性の先生もいたので

何かあった時、(犯罪や災害)やダイナミックな遊びができるなど、安心してお任せできる。

公立の保育園は、有給休暇などの時は子供を預けるの不可や、お迎え前に買い物など

子供の為にならない行為は、禁止。

しかし、私立保育園は、リフレッシュのための有給休暇でも預けることができる。

本当に、私立保育園に代わってくれて助かった。

会社では子供の体調不良で頭を下げて休みをもらい、

公立の認可の先生には、子育ての悩みも助けてもらえず、

長男を人質にとられているように感じていた。

後から分かったのだが、他のママ友何人も、公立の認可保育園の先生に泣かされたらしい。

やっぱり、まぁ、当たり前の事を言っているつもりなのかもしれないが、

言い方が酷いが、「預かってやってる感」がひしひしと伝わってきたことを思い出す。

夫が最近になって、同じ公園で同級生のパパに会った時に、長男を預けていたころの

保育園の先生は特に酷かった。他の保育園はあそこまで酷くないよ、と話していたらしい。

男性がそんなこと言うのだから、よっぽどだったのだと納得し、

そうか、公立の他の認可保育園は、そこまで酷くないのか。。。

でもね、1人目の親には、本当に色々辛いんですよ、先生。

7:次男が誕生する前から、保育園について考える。

3年経ちそろそろ2人目の子供が欲しかったが、直ぐには授からず。

やっと子供が授かるも、早生まれ次男が1歳4月保育園の入園時には、

長男保育園卒業し加点無しの為、産後2ヶ月で預けるか真剣に悩む。

(産後2ヵ月で預ければ、0歳4月兄弟点がある為、ほぼ入園可能)

悩みに悩んで、お金で解決する認証保育園に入れると夫と決める。

長男の時のように、電車・バス通園の事を思い出し、早めのスタート。

認証保育園めぐりをするも入園が厳しい。働いていた為、見学など出遅れる。

出産していないと、受付けてもらえない認証保育園が多いことに悩む。

唯一抽選されるの認証保育園の選考が漏れて、凹む。

第一希望の認証園からキャンセルがでて、認証保育園入園無事出来ると決まる。

8:次男認証保育園に登園する。

次男の認証保育園通いがスタートする。

お金は厳しいが、私の心のゆとりが少し出来る。

また、1歳4月の保育園入園の可能性が高い為、安心度が長男の時とは違う。

また、若い先生ばかりだが、久々の離乳食の話や、子育てについても色々話せる。

若い先生だが、しっかりしていて頼りになるので、若いからとか関係ないなと思う。

そろそろ仕事復帰の為、会社と相談するも、育休切りにならないかびくびくしている。

9:リリハハ2回目の仕事復帰に向けて動き出す。

世間が育休からの復帰に前向きな傾向にあり、何とか元の現場に戻れそうだと分かる。

育休切りに合わないですんだというのが現在。

今後の目標は、なんとか次男を第1希望の認可保育園へ入園を目指す。

10:リリハハ年度途中に職場復帰するも、お迎えが2か所がしんどい。

加点の為に、年度途中で仕事復帰し、次男を認証保育園にフルで預ける生活が

スタートする。しかし自分が思っている以上に、フルタイムで働き、

保育園のお迎えが2か所になり、体力的にもかなり辛いと痛感する。

あぁ、兄弟同じ保育園だったら、どんなに楽なことだったか。。。

兄弟同じ保育園に0歳4月で入園させるには、生後2か月~3か月の次男を預けることに・・・。

でもそれは、嫌だったから。。。これで1歳4月で認可保育園に入園できなかったら、

かなり凹むなぁ。。。どうか、長男の保育園に決まりますように!!!

11:次男2017年4月第1希望の認可保育園へ内定する。

やっと、やっとこの為だけに、認証保育園へ預け、年度途中に仕事復帰した。

他にも保育園を見学したが、長男が通っている保育園が一番良かったので本当に嬉しい。

私の保活は、取り敢えず終了だけど、今後の大田区で保活される方の参考になるように

情報を発信したいと思います。

リリハハ

 

2017/04/24