子育て

0歳児予防接種(単独接種・同時接種)の違い

2016/09/10

こんにちは、リリハハです。

今日は、単独接種の予防接種スケジュールについてです。

2011年長男を出産の際、同時接種から単独接種が推奨されていました。

その後、問題ないことが分かり、同時接種推奨へと切り替わりました。

ですが、私は、どうしても同時接種の不安がつきものです。

4種混合は、4種類だから単独接種の意味がないのでは?

とよくこのようなコメントがあります。

同時接種が怖いというよりは、同時に接種することにより、

どの注射の副作用なのか、分からなくなることが私は怖いのです。

では、同時接種の最短のスケジュールでは、落ち着くのはいつごろなのか。

およそ6ヵ月頃(14本)で落ち着き

およそ8ヵ月頃(15本目)の3回目のB型肝炎で1歳までの予防接種は、終わります。

では、ほぼ全て単独接種でした次男では、7ヵ月(14本)で落ち着きました。

最後は、B型肝炎を接種するだけです。

次男は、3回ほどスケジュールを変更しました。

1度目は、体調不良
2度目は、旅行の為
3度目は、家族都合

3回もスケジュールがずれたのに、たった1ヵ月しか変わらないのです。

であば、単独でも私は良かったと思います。

しかし、デメリットは毎週病院通いです。

病気が移るかも?長男がいますし、すでに次男は保育園通い。

通院が大変よ!!毎週散歩がてら行きます。

よって、私にとっては、デメリットではありません。

ですが、小児科の看護師さんもおっしゃておりました。

万が一遅れてきた場合は、同時接種も考えていきましょうと。

そうです、遅れてから、同時接種でも構わないのです。

しかし1か月程度の違いであれば、同時接種の子でもありうるのではないでしょうか。

全てのお子さんに推奨はしません。

しかし、副作用が分かれば、次の注射の時慎重になることができます。

最悪、中止も考えられます。

因みに、次男の予防接種のスケジュールは以下の通りです。

ロタ①生後6週
ヒブ①生後2ヵ月
肺炎球菌①
四種混合①
B型①生後3か月
ヒブ②
肺炎球菌②
四種混合②生後4か月
B型②
ロタ②
ヒブ③生後5か月
肺炎球菌③
四種混合③生後6か月
ロタ③
BCG生後7か月←現在ココ

同時接種は、母親と病院は、楽だと思います。

単独接種だと、15回最後のB型肝炎で16回です。

同時接種だと、6回です。

私は、予防接種は必要と考えています。

但し、そのあり方が、病院や親都合にだけは合わせたくないのです。

子供の免疫獲得が遅いと大変だよ。

1か月程度で大変遅いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

私は、万一副作用がどれが分からない方が怖いです。

全ての方に推奨は、できないと思います。

あまりにも同時接種が推奨され、選択の幅が少ないように思えます。

悩みに悩んだ結果私は、単独接種を希望しました。

単独接種、同時接種お悩みの方に少しでも参考になればと思います。

リリハハでした。

関連コンテンツ①

-子育て