子育て

ワンストップ育児プラス介護が現実的になった時、私はどうするのか。

2017/06/23

こんにちは、リリハハです。
あぁ、やっと少し落ち着きました。
何が落ち着いてきたかと言うと、母の入院が落ち着きました。アラフォーの私の母は、アラセブンです。


その母が先日脳梗塞で倒れ、入院しました。
その後なんとか、4時間と言うタイムリミットの中、病院に運ばれなんとか事なきを得ました。

最悪、寝たきりとなってしまう可能性もありました。また、後遺症が残り半身不随になる可能性もありました。

しかし、母は運が良かったのです。父が傍にいたおかげで、母の様子が変だと分かり、すぐに病院にいく事ができました。

この4時間という時間は、とても重要なのです。脳梗塞になり、4時間以内であれば、固まった血液を溶かす薬を投与出来るのです。薬の効果で血栓を溶かす事が出来れば、脳の損傷を最小限にする事ができるのです。

もし、4時間以上経過後病院に行った場合、最悪本当に最悪、脳にダメージが残り、半身不随となり、寝たきりとなるでしょう。父のお陰で母は、後遺症なく今後の生活を送る事が出来るのです。

私は、母にそっくりです。見た目がそっくりな訳ではありません。体調が母に良く似ているのです。生理の周期や、疲れた時のめまい。体調が悪くなる原因。その他諸々本当にそっくりです。

何の根拠もありませんが、病気は遺伝すると思っています。母はなんとか元気になりましたが、傍にいる私も自分の事のように冷静に判断し、病状を確認しなければと今となっては振り返れます。

当然、母が倒れた時は動揺しました。
しかし、一緒に住んでいる父の方がはるかに動揺しています。長女の私がしっかりとしなくてはいけません。

そして、母の入院に関しては、自分も将来同じ病気になる可能性がある為、しっかりと自覚しなくはなりません。しいてはそれが、夫の為であり、子供の為になるからです。

私が倒れた時の保険は、何十にも考えないといけないと痛感しました。寝たきりなんて最悪です。夫は強制的に、仕事+ワンストップ育児+介護です。

母の話しに戻りますが、母の脳梗塞の原因は、不整脈からと原因が分かりました。
しかし、なぜ不整脈になるのかは原因不明です。自分自身でも自覚が無いので、よけいたちが悪いです。
(今後、私も実は不整脈だったなんて事がならないようにしなくては!!)

昔の人間にしては、母は、保険と言う物をとても重要視していました。専業主婦なのに2000万円近く終身の生命保険に加入しています。(既に払込済みで、いつ死んでも解約しても、その金額が下ります)

母は、自分が寝たきりとなったときの事や、自分の死後、父の事も考えているのです。
私の保険好きは、母の影響がとても大きいです。母の病状が完全に良くなったわけではありませんが、とりあえず山は越えました。

私は、仕事をしていて、小学生と1歳の母親です。また、父も健在ですが、いつまた何があるか分かりません。父の事や母の事も考えて行かないといけません。

どこかでこんな文面を見たのを思い出しました。幸せはお金では買えないけど、不幸になる事は避けられる。お金が全てではありませんが、本当にその通りだと思います。

もし、御家族が倒れた時は、自分もいつか将来こんな時パニックにならないで冷静でいる事が重要で、元気なうちに何か手を打つべきだと思います。
それは、健康診断や、保険の準備、本人の自覚など色々あると思います。

仕事+ワンストップ育児+介護 将来避けて通れない道だとも思います。

リリハハでした。


関連コンテンツ①

-子育て