子育て

ランドセル選び(土屋鞄・中村鞄・池田屋)

2016/11/10

こんにちは、リリハハです。

長男が来年1年生になります。

それに伴い、2016年3月に3社の資料請求をネットでしました。

5月ごろ立派な封筒入りのものが届きました。(これがランドセル料金の高騰の理由?)

最初どのランドセルが良いかネットで見るだけでは、どれが良いかも分からず…。

サイトの口コミにより、中村鞄池田屋を選びました。土屋鞄のみ知っていました。

いわゆる工房系のランドセルです。

結果ですが、池田屋のクラリーノにしました。

実際に手に取ると良くわかるのですが、池田屋が一番子供の為のランドセル

ということが分かります。

夫と私が池田屋にした理由です。


  1. 背中の部分の金属製フックの金具が布地になっている(首が危なくない)
  2. 長さの調整ベルトの金具がピン付バックルがキボシベルトになっている。
  3. 肩ベルトのステッチが3本の為丈夫(他社は2本が多く、修理は肩ベルトが多い)
  4. 金具が最小限にされている為、本革でもクラリーノでも重さの違いが少ししかない。
  5. ベルトのみ本革なのでなじんでくる(せめてベルトだけでも本革笑)
  6. 壊れても、壊されても6年間配送料込で修理無料(銀座店に持込みでも数時間で完了)

本革が絶対に譲れない!と考えていたのですが、長男が選んだ色にはクラリーノしかなく…。

3社を見て気が付いたんです。本革が良いのは、親である私だけであると。

主人は、どっちでも良いみたいです。

土屋鞄は、本当に立派で素敵です。品が良く、素敵すぎます。

ただ本革は、本当に重い。これを小学生がもつのか?と疑いたくなります。

でも、3社で良くわかったのは、売れているのはクラリーノなんです。

工房系で、本革が良いと選んでいるのに、売り切れが多いのはクラリーノ。

きっと親御さんも買う段階になり、これは誰のものか。誰が小学校まで通うのか。

分かってきたのだと思います。私もそうです。

ただ、一言。ランドセル選びで7月で売切れとは。。。

中村鞄は、売れまくっている為、なんと7月の展示会が中止に。。。

展示会が中止なんて考えもしませんでした。

急ぎ、その週末に中村鞄のお店(足立区)まで見に行きました。

とても素敵で、本革もクラリーノもそれほど重くなく池田屋と迷いましたが、

売切な上、長男のおめがねにかなう色がありませんでした。

今後は年中からランドセル各社を選び、

デザインと色は、年長で選ぶような事になるでしょう。



次男も池田屋の予定ですが、ランドセル選びのスケジュール立てるとするならば

2017年のランドセルスケジュール(2018年入学生)

  1. 年中時に業者の選定(5社まで、それ以上だと迷って大変?)
  2. 年中3月に資料請求
  3. 年長4月に展示会、お店見学日程を立てる(展示会の中止可能性有)
  4. 6月中には決定する

以上になります。年々ランドセルの売切れが早まってラン活なる言葉が出てきました。

因みに、池田屋のランドセルでは、キャンセルはありらしいです。

受注注文なのにキャンセルあり?はい?そんなのあり?私は信じられませんでした。

理由は、私立を希望している子がいるからだそうです。私立は、指定のランドセルなので、

万が一落ちてしまってから、ランドセルは買えないのでは…なんて心が広いのでしょうか。

また、料金の支払いが代金引換等であれば、ぎりぎりまで色の変更が可能ですよ。

2018年度入学のみなさん、ランドセル活動頑張ってくださいね。

その後:最近小学校に通っている子とお話しする機会がありました。

長男が通う小学校は、教科書を学校に置いて帰るのはNGだそうです。

なので毎日、ほぼ全科目の教科書の持ち帰りがあります。

6年生で本当に重い重いと本人から聞きました。やっぱりクラリーノにして正解でした。

リリハハでした。

関連コンテンツ①

-子育て