保険

保険好きな私が、火災保険(家財保険)で 扇風機や自転車の修理代金を保険請求するまでの流れ。

2017/08/16

こんにちは、リリハハです。
今日は、こんなのまで保険請求出来たよってお話です。知っていると知らないとでは、家計を預かる私にとって結構大きいです。


火災保険の項目にある、家財保険って御存知ですか?

保険好きな私は、今までJAの携行損害保険や私が加入している保険をご紹介してきました。今日は、その携行品損害保険の適用外で、かつ生活家電の長期保障対象外の保険請求について語りたいと思います。

は?生活家電の長期保障対象外って何?とお思いでしょう。例えばです、TVを購入しました。我が家の暴れん坊1歳次男がTVを倒してしまい、液晶画面がおかしくなってしまいました。
高額な電化製品なので我が家では、必ず家電量販店の長期保証に加入します。

しかし、外部からの圧力、要は故意ではないが破損では、長期保障対象外になってしまうのです。

そんな時、利用できる保険があります。我が家では賃貸住宅なので、火災保険に加入しています。その火災保険には、家財保険が付帯されており、この家財保険が、倒したTVの保障対象になるのです。


故意または、重過失ではなければ責任請求出来ない。火事で破産しかねない為に、我が家は火災保険に加入しています。

火災保険本来の目的ではありませんが、とても役に立つと思います。
因みに日本では、隣の家が火事になり、我が家に火がついても、隣の方の責任にはなりません。なので火災保険に加入しています。

我が家は、今回長男がぽっきり扇風機を折ってしまいました。当然家電量販店の長期保障対象外です。

今回、長男をこっぴどく怒った後(笑)、家財保険に適用かどうか保険会社に確認した所、やはり保障対象でした!!

前々から、TVなどは対象とは知っていたのですが、扇風機まで対象とは。実際利用した事が無買った為、私も知りませんでした。このパターンから言うと、落下した掃除機とかも対象じゃないかなぁ・・・。

最近の生活家電は、高額商品ばかりです。
我が家の扇風機は、ダイソンではありませんが、25,000円くらいしたDCモーターの扇風機です。これが、3000円位の扇風機であれば、我慢します。ですが、25,000円。我慢できない。ダイソンの50,000円には敵いませんが、痛いです出費です。

また、少々デメリットもあり、自己負担額が1万円なんです。よくある携行品損害保険は、だいたい3,000円位です。
それでも、25,000円もする扇風機が、さらに粗大ごみ代も支払う事になるより、少しでも金額を回収し、次の扇風機代になればと思っています。

因みに、他人の家でTV等を壊してしまった場合は、個人賠償保険が適用されますよ。


これから保険会社に画像と書類を送るけど、電動自転車まで保障対象とは知らなかった。

今回は、まだ事故が発生した為、請求まではいたっていません。これから、壊れた扇風機の画像と品番と書類を返送します。
実際にいくら金額が戻るのかは、不明ですが、分かりましたらお知らせします。

因みに、本当にこれは私も知らなかったのですが、以前、我が家の電動自転車の電動をスイッチを入れる所が、自転車を倒した時に、割れてしまいました。

自転車屋さんに持っていくと全部取替えは、お金がかかるから壊れるまで乗るべきと言われました。

今回扇風機の請求の際、ふと思い出し、保険会社の方にお聞きしたところ、電動自転車も敷地内での破損であれば対象だと(驚)

もちろん電動自転車は、修理になるので幾らになるか分かりません。自転車屋さんに見積りをもらい、請求して見たいと思います。

多分、敷地内で壊してしまったと言うのが今回のポイントだと思います。敷地外だと補償対象にならないのではないでしょうか。
長くなりそうなのでこのへんで。

追記:後日保険会社の担当の方から連絡がありました。破損では対象にならなく
担当の方の認識不足と謝罪がありました。
因みに破損は対象にならないが、敷地内の盗難には対象とのことでした。
盗難の場合は、警察に盗難届等の書類が必要になるとのことです。
電動自転車は、15万円前後します。破損修理は、多分1万円しないと思います。
当然盗難の方が助かりますね。
盗難の時は、是非利用してみてください。

リリハハでした。


関連コンテンツ①

-保険