保育園

後悔しない認可保育園の選び方(区営・私立)

2016/09/10

こんにちは、リリハハです。

長男を認可保育園次男を認証保育園に預けています。

長男は正確には、私立の認可保育園です。分かりにくいですが、母体が民間になります。

長男が通っている私立の認可保育園の特徴です。

・私立の認可保育園だが、保育料は区設定の一律で決定。

・先生方が公務員ではありません。

・保育園の方針も、大田区営の保育園と違い独自の方針です。

長男の保育園もどちらかというと、認証保育園が認可保育園になったという感じです。

・使用済みのおむつを持って帰らなくても良い。

・お迎え等の時間が融通が利く。

・子供の為の保育園ではあるが、親の為の保育園でもある。

・必要なものが決まってはいるが柔軟な対応。

・親が有給などの休みのときでも、子供を預けることは可能

長男の通っている保育園は、区営の認可保育園から私立の保育園へ変更になりました。

では、これが以前の大田区営の認可保育園だったらどうか。

・使用済みおむつは、持ち帰る。

・延長保育の児童の人数が決まっている為、人数オーバーだと延長できない。

・用意するものが決まっている為、変更が利かない。

・保育園でしか使わないもの以外認められない(布団カバー等)

・子供の為の保育園なので、親の都合は関係ない。

・親が有給などの休みのときは、預けることは不可

・買い物をして保育園へのお迎えをすること禁止(お迎えしてから買い物ならOK)

基本的に若い保育士の先生は、区営の保育園にはいません。

若くても、30代後半だと思います。

また、20代位の若い先生がいたとしても、臨時のアルバイトの先生です。

大田区は、区営から民間に保育園をどんどん委託しています。

公務員の先生が必要ない、採用を最小限または、していないのではないかと思います。

既に子育てが終わっている経験豊富な先生が区営の認可保育園には多いのです。

たしかに、融通は利きませんが、経験が豊富ですので、子育ての悩み、怪我等には

それなりに対処してくれます。

失礼な物言いですが、狭い世界での公務員の先生方とお話をしていて、

私は具合が悪くなってしまいました。

それは何をするにも、上から目線でお話があるからです。

お母さんそれは、違います。

お母さんそれは、間違っています。

お母さん、お母さんがもっと頑張らないと…。

お母さん、お母さん、お母さん…相談ではなく全て上司からの指事のようでした。

私は、二度と区営の認可保育園には預けたくありません。

いちいち癇に障る話し方でした。(感情的で、すみません)

他のお母さん方も同じようにおっしゃっておりましたので、私だけではないはずです。

融通が利く利かないではなく、子育てのプロであるかもしれませんが。

もし私が文句の一つでも言ってしまったら、子供がどんなことされるでしょうか。

先生も人の子です、あからさまに差別・区別はしなくても、心のどこかで、

私の子供に対して対処が遅れることだってあると思います。

子供が信頼していた先生は、パートのおばあちゃん先生ばかりでした。

長男は、敏感な子供だった為、もしかしたら、私の考えを感じ取っていたかもしれません。

パートのおばあちゃん先生を、私が○○先生と言うと、

公務員の先生が違いますと訂正されます。○○さんと言ってくださいと(失笑)

(↑これが狭い考え方だと思いませんか?どんだけ公務員が偉いんだ)

少々感情的な文章になってしまいましたが、今思い出しても腹立たしいことばかりでした。

公務員の先生方が、全員このような方だとは思いません。

しかし、保育園の見学だけでは全く分からないこともあります。

ですので、認可保育園選びの際は、

必ず入所されているお子さんのご両親にお話を聞くことが一番です。

最後になりますが、私は、区営の認可保育園は合いませんでした。

しかし逆もまたあり、私立の認可保育園の考え方が合わずに

次の年に転園してしまった子供たちもおります。

・独自の方針が合わない?

・若い先生ばかりで心配?

ですので、合う合わないが必ずあります。

私は、区営の認可保育園で後悔した2年間を過ごしました。

(会社でも頭を下げ、保育園でも頭を下げ)

私が本当に、頭を下げるくらい助かったのは、今の私立の認可保育園と病児保育園です。

保育園なんて選べないよーと言わず、こちらから選び、合う保育園を見つけてほしいです。

リリハハでした。

関連コンテンツ①

-保育園