その他

子供防災対策②一次持ち出し品って準備していますか?

一次持ち出し品って準備していますか?

こんにちは、リリハハです。

前回の子供がいるご家庭は、防災対策できていますか?の続きです。

我が家は次男がまだ0歳児です。

ですので、基本は自宅避難だと考えています。

ですがいざとなった時の外出するリュックの中身のチェックです。

これだけの量をリュックの中に入れると、結構な量になります。

因みに左が主人用、右が私用で作りました。

まずは、リュックを持って、さらに次男を抱っこして逃げることができるか

シュミレーションです!!ですが、これは、長男一人の時に作成しました。

次男が生まれた今、もっと改良していきたいと思います。

子供と違い、大人は避難訓練などしません。ですので、いざとなった時、

素早く逃げる準備が出来るのは、保育園で毎月訓練をしている長男だと思います。

正常性バイアスという言葉は、ご存知ですか?

正常性バイアスという言葉は、ご存知ですか?

私だけは、大丈夫であろうという考えです。

あるホテルで火災が発生しました。

みんな逃げないし、誤報でしょ大丈夫でしょと・・・。

結果、テーブル周りでバタバタと煙で倒れていったとのことです。

ですが、ある階の一人の男性が、警報が鳴った時に周りは大丈夫と言っていたが、

気になって下の階まで下りていくと火事だったそうです。

急いで、その方は戻り、皆に逃げるようにと言ったおかげで、

その階の人は助かったそうです。

そうです、警報が鳴った時、誤報でしょ?と思わず必ず確かめに行っていれば、

全員助かった命です。

大丈夫だと過信せず、自分の目と耳で確かめてください。

子供の為にも、もし何かあったら、まずご自分の目と耳で確かめてください。

それで、間違えであれば良いのです。

子供を守らねばいけない私達は、間違えたら自分だけではなく子供も犠牲になります。

我がマンションでも、先日誤報がありました。

しかし、1回ではなく5回くらい再度火災警報が鳴り続けたのです。

ちょっと、おかしいなと思いました。

その結果エレベーターが3基止まったにも関わらず、貨物用のエレベーターに

みなさん乗ってしまったのです。万が一本当の火災だったのならばどうなっていたでしょう。

これって、最初から誤報だと思っているから乗ったんですよね。

私は、長男の手を取り、次男を抱っこしながら警備員室まで行きました。

もちろん階段を使って降り、結果なんともないと分かった後も、

練習の為昇ってみました・・・疲れましたが。

正常性バイアスこの言葉も忘れないでください。

自分だけは、大丈夫なはずはありえません。

防災対策、日々の暮らしで忙しからこそ、備えてください。

次回は、自宅が避難所になった時、我が家が準備しているものを紹介します。

小さい子供のいるご家庭は、防災対策必須ですよ。

リリハハでした。

 

関連コンテンツ①

-その他