その他

退職金無し共働きの我が家が考えた、 自分で退職金を作る方法①(株・日経225編)

こんにちは、リリハハです。
共働きの我が家は、二人とも退職金がありません。以前私は、銀行に勤めていた時はありました。夫も、転職前はありました。

しかし、働きやすい現在の職場では、退職金はありません。そう、ゼ~ロです。

自分たちの年金は、あてにならない。
子供の教育費も考えなくちゃいけない。

お金、お金、お金。
無いものは無いんです。

じゃーどうすればって考えるのは、なぜか好きなんです私。困ったら、解決策を考えれば良い。そーいうのを考えたり調べたりするのは、好きなんです。


自分で考えた退職金は、リスクを少なく時間を味方にした作り方。

因みに、当然リスクを取らないと、リターンは得られません。でも、自分たちの年金ですのでなるべくリスクを取りたくありません。
皆さんそうだと思いますけどね。

では、どうすれば良いのか。

時間を味方に付ける。これが一番良い方法だと思います。ですので、この結果が〇なのか×だったのかは、30年後の自分にしか分かりません。だけど、何もしなければ、当然リターンも得ることはありません。

だったら、私は行動します。
うまい儲け話なんて、一般人の私には有るわけがない。では、どうするか。私の好きな言葉。行動、行動、行動するのみです。

私は、株というリスクを既に取っているため、株以外のもので退職金を作りたい。

今私の独身時代の預金をどのようにしようか迷い中です。株では、トータル的にはプラスです。塩漬けになっても、私は株を売らない事の方が多いので、結果利益を得ています。

ですが、今はもっぱら配当金重視です。
理由は、以前も語りましたが、長男の民間学童代金の一部にしているからです。
ですので、本来であれば配当金重視の株を購入すべきだと思っています。

小学1年生の長男が民間学童に1年間通った総合金額(仮)と 不足分を不労所得で補った金額

株主優待目的で株を購入すると、楽しみながら株を学べますが、優待が改悪されたりするとかなり、がっかりします。法人企業なので、当たり前なんですけどね。

私が一番損した株主優待目的の株は、トイザらスです。トイザらスは、株主優待が商品券で、有効期限もありませんでした。

ですので、自分に子供が出来たら、使えると思い100株購入。しかし、数年で優待廃止。さらに業績悪化で上場廃止。

20万程度が、最後6万円位になってしまいました。あれには、一番びっくり。

損するのは、嫌ですが、20万程度で我が家は一家破産致しません(笑)しかも私の独身時代のお金です。

20万円というお金は、大金ですがそのお金がないと、生きていけない金額ではありません。何事も経験で勉強代と思っています。

スタバの株もお楽しみの株として持っていましたが、こちらも上場廃止。

理由は、米スタバ本社の完全子会社化によるものです。因みに、上場廃止になったとは言え、株価は、購入時の約3倍になりました。
最後は強制的に市場に出ている価格よりも高い金額にて買い取られました。

スタバの株は、それなりの利益を得ることが出来ました。ですので、上場廃止にも色々な事があるという事を学びました。

トイザらスも・スタバも最後まで株を売らなかったらどうなるのかと疑問に思い最後に自動的に買い取られるまでほっといていました。

今までの経験から、リターンも大きいけれどリスクも大きいので株以外のもので退職金を作りたいのです。


今までで一番利益を出しているのは、日経225です。

ご存じだとは思いますが、日本を代表する企業の225社の株価の平均値を基に日本経済新聞社が算出した数字です。よくニュースなどで、為替と一緒に表示されているあれです。

今までで、一番利益が出ているのは、日経225です。ほったらかして、その年の利益が20万円程になると売却するという事を繰り返していました。

ですので、私が一番楽でお勧めと思っているのは、日経225です。手数料も安いですし、一番素人の私に合っています。

ですので、また日経225をどのタイミングでやろうかと悩んでいたところ、先日の大暴落です。
(危なかった!!この記事を書いている途中4日後で1600円前後の暴落。理由は、アメリカの金利が上がり、ダウが下がり日本の株まで影響した為)
↑株は、こーいう事が起こりますが、始めないことには、何も得られません。

日経225の投資信託をを購入すると、自分が買ったものは気になるので自分で調べるようになりますよ。

株以外で退職金を作るには、低リスクで高リターン。時間を味方に付けた米国債券ゼロクーポンがお勧め。

実は今、勉強の為にも、米国債券ゼロクーポン にした挑戦してみようかと目論み中です。
今まで、米国債券や外国債券の毎月分配型の投資信託は、勉強の為に契約した事は、あります。

今私が注目しているのは、米国債券のゼロクーポン です。どんな商品かと言いますと、アメリカのほったらかし長期国債です。

このほったらかし長期国債により、自分の退職金を作りたいと考えるようになりました。
ちょっと長くなりましたので、次回はアメリカの長期国債ゼロクーポン について語りたいと思います。

リリハハでした。


関連コンテンツ①

-その他