その他

携帯を機種変更する前に私が試す5つの行動。

こんにちは、リリハハです。
クリスマスと年末に向けて忙しくなってきました。でも、この寒さを感じてくると、なんかテンションが上がります。
寒いのはあまり好きではありませんが、寒ければ寒くなるほど、なぜか昔からテンションがあがります。


携帯を機種変更する前に試すのは、たった1回の電話だけ。

さて、今日は携帯電話の機種変更する時に、私が必ず試す事です。事の始まりは、昨年機種変更する際に見つけた言葉。

コジ割。

コジ割?当初はなにそれ?状態でした。
(誰がつけたネーミングでしょうかねぇ)

私は10年以上auユーザーです。格安スマホや他社へ移る気はもーとーありません。

理由は簡単。面倒だから(笑)

結構私みたいな人っていると思うんです。
電話番号は変わらないけど、メアドとかって変更面倒って人。それでも、最近はラインとかアプリが主流なので、若い子は他社へ乗り換えたりするでしょう。

でも、アラフォーの私は面倒。お得な物には目が無いけど、凄く億劫。家のネットもKDDIだから尚更面倒。
そう、私のように面倒で億劫な人程ぜひ試してください。たった1本の電話で、機種変更する際に、10,000円~30,000円分のポイントが貰えます。


連絡先は、携帯各社の番号ポータビリティ(MNP)の予約番号発券先

これは、さあ機種変更するぞって方向けの内容になります。

番号ポータビリティ(MNP)とは、

携帯電話会社を変更した場合に、電話番号はそのままで、変更後の携帯電話会社のサービスをご利用できる制度です。

au・ドコモ・ソフトバンクユーザーで機種変更予定の人は、2年しばりの更新月を狙って
、現在契約の携帯電話会社の携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約受付窓口で、「MNP予約番号」を発券してもらうだけです。

①MNP専用の電話にかける。(つまりは他社へ乗り換えの際に、発行される番号)

②他社に乗り換えると告げる(本当は乗り換えないけど)

③オペレーターの方から理由を聞かれる。
他社に乗り換えるとキャンペーンがあるので、安く機種変更できると伝える。(乗り換えないけど)

④長年契約頂いているので、ぜひご協力させてほしいと向こうから話を振られる(つまりは引き止められる)

⑤有効期限付きではあるが、ポイントが貰える。

auより自分と夫で合計30,000円分のポイントを貰いました。

昨年この方法で、夫婦で別々に電話を掛けると、私の時は10,000円で引き止められ、夫は15,000円で引き止められました。この時は、夫に交渉してもらい、私も15,000円にしてくれれば、考え直すと言うと、あっさり二人とも15,000円になりました。
(合計で30,000円引き)

因みにすぐに機種変更したかったから、2年更新月では全く関係ない月に連絡しました。


契約者本人が理解する事が難しい場合は、娘の私がコジ割試した結果。

今回実母が、「機種変更したいんだよね~」と言われ試しにやってみるとやはり、15,000円分のポイントがもらえました。実母もすぐに機種変更したいから、更新月まで待たないようだったので、まぁ良しとします。

これ2年しばりの更新月だと、30,000円になるようです。

図々しい私は、試しにもっとポイントもらえないか話すと、機種変更の際に使える紙のクーポンがあり、(多分実母は分からない)その紙のクーポンがなくても、番号を今言うので機種変更の時に伝えると割引かれますよとの事。

これで10,000円分になり、さらにご本人が5,000ポイント分あるので、全部で30,000円になるとも教えてもらいました。(私は当初、他社に乗り換えると30,000円分もらえると伝えた)

凄いなぁ、コジ割。

因みに、70代の実母にはこんなことできないので、本人確認のみしてもらって、後は、娘に代わりにますと母に言ってもらいました。

オペレーターの人も、70代の実母よりも私のほうが説明がスムーズに進めるとすぐに理解していだだき、特に面倒な事は言われませんでした。(娘の私が辞めるように説得すれば、母も乗り換えないという事が分かっているから。)

機種変更をお考えの皆さん、スマホは10万円程しますので、電話1本で10,000円~30,000円負担してくれるのであれば、家計がだいぶ助かります。

10年以上契約してて昨年初めて試したコジ割。次回また機種変更の時にも、電話してみたいと思います。

リリハハでした。


関連コンテンツ①

-その他