その他

我が家が鎌倉まで、グリーン車を利用して行く5つの理由。

こんにちは。
親年齢7年目のリリハハです。

最近仕事が忙しく、あまりにもストレスが溜まり奥歯が痛くなるという悪循環に悩まされています。あぁ、辛い。


鎌倉まで遊びに行く時、我が家はグリーン車利用です。

長男が先日、鎌倉に行きたいと言っていたので、重い腰を上げて行ってきました。
今年の夏は、長男、次男の体調不良が続いた為、我が家は珍しく泊まりの旅行をしておりません。

いつもは、箱根辺りに行くんですけどね。
そこで、夏最後の思い出として、鎌倉の海に行ってきました。

実は鎌倉に行く理由は、他にもあります。
それは、横須賀線のグリーン車(2階建)に乗ってお弁当を食べながら行く事です。

えぇ?グリーン車?とお思いかもしれません。確かに、子供には贅沢です。
いや、私にも贅沢です。

ですが、土日の横須賀線グリーン車はほぼ座れます。そうです、移動に親の私が楽できるのです。

そして、長男は新幹線の形をしたお弁当を品川駅で買い、横須賀線に乗り、ゆっくり鎌倉駅までお弁当を食べ、海で遊べるのです。


グレーゾーンかもしれませんが、未就学児は乗車料金+グリーン料金無料です。

ここポイントなんですが、乗車券は小学生から必要です。先日長男は、小学生になりスイカを購入しました。

(小学生が子供用スイカを購入する際、年齢確認の為確認書提示があります。我が家は、保険証持参したので注意してください)

当然グリーン券も必要な為、3人分必要ですね。しかし、次男は1歳未就学児です。乗車料金はかかりません。その場合、もしグリーン席が空いていれば、座らせても問題ないとのことです。

女性の乗務員さんが親切に席を確保してくれます。というか、土日の横須賀線のグリーン車は、ほぼ座れるので確保できます。

つまり、まだ保育園児であれば横須賀線のグリーン席料金+乗車料金が発生しないのです。

JRバンザイ。
凄く助かる。

本来はグレーゾーンなのかもしれません。しかし、必ず電車に座れるという安心感な為、親が楽できます。

1歳の次男が騒いだらグリーン車の階段下にあるスペースに行きあやします。
肩身の狭い思いを少し回避出来るのです。
品川駅から30分以上鎌倉駅までかかります。次男が騒がないはずはありません。

これは、長男が保育園時代に、主人が男旅と称して、長男を連れて行ったプランです。
もし、夫と保育園時代の長男だけであれば、
夫のみグリーン料金570円しかかりません。

子供的には、2階建電車で、お弁当食べ、海に行けるのです。このプラン我が家では、かなり使えます(笑)

今回は、長男が小学生になり、私も行くので3倍かかります。品川駅から鎌倉駅までグリーン料金は、570円です。

つまり、570円×3人=1,710円の追加料金で済んでしまいます。もちろん、帰りもこのパターンが使えますが、子供たちは疲れ果て、寝てくれるので普通電車で帰ることが多い我が家です。

また、車内でグリーン席料金を支払うと830円と割高です。必ずホームにあるグリーン券売機で事前支払いお済ませください。以前バタバタして電車に乗込み、車内料金で支払った事があり痛い出費でした。


東京近郊にお住まいの方で、未就学児がいるご家庭には、鎌倉までおすすめなプランです。

★鎌倉までグリーン車を利用する理由★
①未就学児は、乗車券+グリーン席無料
②電車でお弁当が食べられる
③次男が電車で騒いでも逃げ場有る
④2階建て電車で新幹線よりも喜ぶ
⑤親の私が座れるので楽

もし、鎌倉までお弁当ではなく、美味しいもの食べに行こう!でも良いですよね。

4人で行った場合は、座席をくるっと回して、新幹線の車内みたく、ボックス席にもなりますよ。どうでしょうか、このプラン。皆さんも最後の夏の思い出に。

因みに、鎌倉の海でテンションが上がりまくりの長男をトップページにしてみました。
なかなか気に入っています。海に向かって走る長男です。

リリハハでした。


関連コンテンツ①

-その他